エコナウ

環境問題ニュースメディア。エコナウは環境問題に役立つ情報を配信し、「今」エコを考え、取り組む企業や個人を応援します。

水素水取り扱い企業をチェックしてみよう

水素水取り扱い企業をチェックしてみよう

国が疑っている「水素水」

国の機関であり、国民生活の安定及び向上に寄与するために設置されている「国民生活センター」が、水素水に対して「そもそも水素ガスが抜けているものが多くあった」、そして「病気の原因である悪玉活性酸素を無害化する」など表記が法律に抵触するおそれがあるものがあることが発表されました。そして、水素水販売業者に聞いたところ、水素水の効果は「水分補給」が最も多い回答、って水素水=ただの水ではないですか。

どうやら、水素水業者は、ブームで多くの数量を販売するために、まぎらわしい表現で多くの国民をだましたのではないか、と疑いの目が向けられています。では、どういった会社が、この水素水ブームに乗ったでしょうか。特に悪質だな、と思う企業を見てみましょう。

水素水企業はどこだ!

1.伊藤園

伊藤園
伊藤園

水素水販売企業で最も有名なのが「おーい、お茶」で有名な伊藤園です。大手メーカーで唯一、水素水ビジネスに手を染めた企業です。

伊藤園の売り文句は「私を磨く Hyper AQUA 水素水H2」というものです。大手企業らしく、何かあったときにきちんと言い逃れできるように、よくわからない表現を使っています。そして、ホームページでは、水素水とは何か、水素が逃げないボトル設計です、といった表現に終始し、効能は一切うたっていません。「私を磨く」と何となく体に良さそうなイメージを出しつつ、効能は一切触れていないので、逃げおおせることができます。

こういう商売は、法律的にはシロなのでしょうが、あえて商品の効果を誤認させる手法が商売倫理的にはブラックではないかと思います。私個人は、今後一切、伊藤園の商品を購入しないことを心に誓いました。お茶はコカ・コーラ、キリン、サントリーを飲むことにします。

2.中京医薬品

中京医薬品
中京医薬品

会社名が中京医薬品という名前なので、「医薬品メーカー=安心」と思ってしまいがちですが、効果がない水素水を売っているような医薬品メーカーを信頼していいのでしょうか。疑問ですね。この会社は「カラダのなかからキレイに 水素水」という商品名です。ホームページには、このように記載があります。

「『水素水』は美容によい新素材として脚光を浴び、近年、大きな注目を集めているドリンクです。『水素』そのものは、ビタミン類やポリフェノールと同じように期待されており、優れた機能を持っていることが知られ、これからの美容健康づくりの基本アイテムと言われています。キレイになりたい女性や、働きざかりの男性、健康を気にされるご年配の方など、幅広く人気を集めています。」

さて、気が付いたでしょうか。ここは、伊藤園より一歩踏み込んで、消費者を誤解させようとしています。それらしいことを言っているふりをして、語尾が「大きな注目を集めている」「期待されており」「優れた機能(何の機能?)」「と言われています」「幅広く人気を集めています」など、全てが言い逃れ対応語尾になっています。「効能があるとは言っていません。期待されているだけです」と言い逃れをしたいがための説明です。こんな会社が医薬品を扱っているなんて、とても不思議です。薬の説明にも、効能が「期待されています」とでも書いているのでしょうか。

3.奥長良川名水

奥長良川名水
奥長良川名水

「岐阜大学・九州大学・東京工科大学と共同研究商品です」「水素水36で、キレイ生活はじめる」と言っていますが、国民生活センターが指摘した後、ホームページ上の「活性酸素はなぜ増えるの?」というボタンがありますが、リンクが反応しなくなっています。あわてて活性酸素関連のコンテンツを削除したのでしょう。

なお、この企業と共同研究したのは、岐阜大学 光永徹教授、東京工科大学 原賢二教授だそうですが、あれれ九州大学の教授の名前がないですね。

4.ジェイウォーター

ジェイウォーター
ジェイウォーター

「ナノバブル水素水」という商品を販売していたこの会社は、商品名を「南ASOの水素水」しれっと変えて、くまモンの画像を入れた水素水を販売しています。売り文句は「キレイになろう!水素とシリカの力で」だそうです。水素水の効能も、謎の物質シリカの効能も全く記載がありません。効能を書かなければ、「ただの水」ということが判明しても、誰からも攻撃されないと踏んでいるのでしょうね。

5.メロディアンハーモニーファイン

メロディアンハーモニーファイン
メロディアンハーモニーファイン

「水素たっぷりのおいしい水 濃度にこだわる方へ」というのが商品名ですが、何故水素濃度が高いと良いのかについて、全く説明がありません。ひたすら、「水素がぬけません。独自の技術です」と繰り返しています。ユーザーの声もなかなか興味深いもので、「『水素たっぷりのおいしい水』を飲むと毎朝大変驚いております。恐るべし水素の力!!」といった説明がされています。飲むと驚くのが効能なのでしょうか。

6.ハイドリックウォーター

ハイドリックウォーター
ハイドリックウォーター

会社名が「ハイドリックウォーター」で、商品名が「ハイドリックアクア」です。ちなみに「水」は英語だとウォーターで、フランス語ではアクアです。他の商品と同様、水素水としての効能は説明されていませんが、このような説明があります。

酸化還元電位とは?
[+]であれば酸化しやすく、[-]であれば還元しやすいことを示します。酸化とは鉄がサビたり食べ物が腐敗することで、還元とは酸化されたものを元の状態に戻すことです。

だから何なのだ?飲むと健康にいいのかどうか、教えてくれと突っ込みたくなるような内容です。そして、酸化還元電位がマイナスであることが「体に良い水の条件」という記載もあるのですが、化学関連の情報を調べてみても全く証拠となる情報が見つかりません。そもそも、人間の体は鉄ではないのでさびないですよね。

7.セブンハーツ

セブンハーツ
セブンハーツ

「活・活 水素水」と書いて、「イキイキ水素水」と読ませる水素水です。他の商品と同様、水素水が健康によいかどうかなどの説明は全くありません。ひたすら、「うちの水素水は水に直接水素を注入していて、他と違います」と言っているだけです。そもそも、水素水に効果がないのであれば、うちの水素水も、他の水素水も、等しく効果がないはずですね。

8.スパシア

スパシア
スパシア

商品名は「高濃度ナノ水素水 スパシア」です。今時珍しく、活性酸素に関する記述を残しており「様々な病気や老化の原因となる活性酸素。水素は、これを除去する働きのある物質として、国内だけでなく海外の大学施設などでも研究が進められています。」と説明がされています。

そして、水素水ではなく「ナノ水素水」である理由について記載されています。

「スパシアは原水に水素を含ませる前にSPGフィルターを通し、お水の粒子を細かくする過程を加えています。これにより水の粒子(分子集団)はナノ単位(1メートルの10億分の一)レベルまで細かくなります。粒子が細かくなると体への吸収力が良くなります。ゴクゴク飲んでもお腹にたまる感覚が圧倒的に少なくなります。」

調べてみると、SPG膜という技術があることはわかりましたが、この膜を通して水素を水に溶かしこむことで、なぜ体への吸収力がよくなるのかは分かりませんでした。この技術に自信があるのであれば、詳しい技術資料を出してほしいな、と思いました。

9.KIYORAきくち

KIYORAきくち
KIYORAきくち

商品名は「ナノ水素水 キヨラビ」です。「スパシア」と同じく、ナノが出てきました。そして、国民生活センターにやり玉にあげられた商品の中で、最も詳しく活性酸素について言及しています。

「水素が抗酸化剤として脚光を浴びているのはもうご存知かもしれませんが、実は、コエンザイムQ10やビタミンCなどに代表される抗酸化剤よりも、抗酸化力は弱いのです。

ではなぜ、これほどまでに注目を集めているのでしょうか? 活性酸素には大きく分けて2種類あり、人間の身体にとって必要な活性酸素(善玉活性酸素)と、害にしかならない活性酸素(悪玉活性酸素)があります。

善玉活性酸素は、古くなった細胞を破壊したり、体内に侵入してきた細菌やカビなどを攻撃する働きがあり、健康を維持するにあたって非常に重要です。 一方、悪玉活性酸素は、善玉活性酸素の100倍以上の酸化力を持った活性酸素で、細胞やDNAを破壊してしまうほどの酸化力があります。

抗酸化剤として有名なコエンザイムQ10やビタミンCは抗酸化力が強いので、身体に必要な善玉活性酸素までも還元してしまいます。しかし、水素は抗酸化力が弱いため、反応力が弱い善玉活性酸素とは反応せず、反応力が非常に強い悪玉活性酸素としか反応することができないのです。 また、コエンザイムQ10やビタミンCの分子量は大きいので、細胞膜を通過することができず、たどり着けない場所があります。

しかし、酸素は身体全体を巡っていますよね?その酸素よりも小さい水素分子は、細胞の中、核、ミトコンドリア、脳などどこへでもたどり着くことができるのです。 水素水は飲料水なので、生活習慣の中に取り入れやすく、不要なものだけを除去してくれるので、人気が集まっているのです。」

一回読んで、全く意味が分からなかったで3回読んで、要約してみました。

「活性酸素には、善玉と悪玉がある。水素は悪玉活性酸素だけを除去してくれる」
要はこれだけ言っています。では、善玉活性酸素と悪玉活性酸素とは何か、Googleで検索して調べてみました。

が、水素水販売サイトの宣伝文句しか見つかりませんでした。技術的、化学的な見地から、善玉活性酸素と、悪玉活性酸素が説明されている情報は見つかりませんでした。かろうじて信頼できそうな、日本語版Wikipediaと英語版Wikipediaを見ましたが、「活性酸素は老化の原因になる」という記述はありましたが、善玉、悪玉といった記載や、水素が効くといった記載も一切ありませんでした。

まとめ:結局のところ水素水は、効果なし!

結局のところ水素水は、効果なし!
結局のところ水素水は、効果なし!

国民健康生活センターに指摘された後も、アルミパック、ペットボトルなどで「水素水」と明記した商品を販売している9社の情報をチェックしました。調べてみて分かったことをまとめてみたいと思います。

・ほとんどの会社で水素水の効能について記載されていません。ひたすら「うちの水素は違います」「抜けにくいです」と言っているだけです。そもそも水素水の効果が不明なのに、抜けにくいことに何か意味があるのでしょうか。

・一部の会社は、国民生活センターから指摘があった後もホームページ上に、水素が活性酸素の除去に役立つといった記載を残しています。しかし、水素が活性酸素の除去に効果がある、という化学的、技術的な情報は見つかりませんでした。見つかったのは、水素水メーカーと、水素水販売業者のサイトばかりです。

水素水業者は、水素水がただの水であることを知りながら、ただの水を高く売るために無意味に水に水素を充填して販売していたのではないかと思いました。もし、本当に効果があると思っているのなら、ホームページ上に技術的に裏付けられた効果を掲載するはずです。そもそも効果の情報がない、または怪しい情報しかないということは、確信犯であることを裏付けているように感じました。

繰り返しますが、このように水素水を販売することは違法ではありません。しかし、消費者を誤認させて高い水を買わせているわけですので、倫理的に問題と言えるのではないでしょうか。もし、水素水を飲むと健康になる、効果があると信じて飲み続けている人がいたら、本当に効果があるのか、今一度考えなおしてみてください。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

私が取り組む環境問題

More

おすすめ記事

Return Top